突如現れた謎の少年。カスパーハウザー

れた少年

1828年5月26日、ドイツ最大の都市、
ニュルンベルクのウンシュリットプラッツ(ウンシュリット広場)に、
小汚い格好の少年が忽然と姿を現した。

背格好は16から18歳程度、身長は約150cm、少し小太りな体系であった。

彼は満足に会話も出来ず、
さらに彼の膝はこれまで一度も曲げたことが無いかの様にまっすぐに伸び、
むしろ反対側に少し湾曲しているようにすら見えた。

通常、人間の膝の裏は、折り曲げる為にくぼみになっているが、
彼の容姿や雰囲気は異常だった。

、生い立ち、歴、全てが

その後、発見された少年は警察署に身柄を預けられ、取り調べを受けた。

だが、自分の身元ですら受け答えができず、身元だけでなく、
生い立ちや経歴、彼の全てが謎に包まれていた。

そんな彼が、筆談で唯一答えたのが、
彼の名前は「カスパー・ハウザー」であるということだ。

カスー・ハウザーが所していた手紙

カスパー・ハウザーは、ニュルンベルク駐屯第6軽騎隊第4中隊勤務の
フリードリヒ・フォン・ヴェッセニ大尉宛の手紙を所持していた。

誤字が多数あり、文法も無茶苦茶だったその手紙は、

少年のファーストネームは「カスパー」誕生日は1812年4月30日、
この子の父親は騎兵で、すでに死去しているが、
この子を父と同じ騎兵隊に入隊させてほしい。
手に余るようであったり、入隊させないのであればこの子を殺してほしい。

という内容のものだった。

当然、大尉は困惑し、カスパーを入隊させなかった。
大尉にも心当たりがあるはずもなく、
結局、孤児として市当局の保護下に入ることになった。

徐々にらかになるカスパーの

彼は広場に突然現れた。当然街にはカスパーの噂が広まった。

その結果、多くの学者がカスパーに興味関心を持ち、
彼ら学者達は様々な検査、そして教育を試みた。

宗教哲学者はカスパーに読み書きを教え、一定の教養を身につけさせることができた。

カスパーは肉や牛乳を一切受け付けず、「パンと水だけ」が彼の食べることができる食材だった。

さらに、彼に鏡を見せると、カスパーは鏡に映った自らを掴もうとするなど、
普通の日常を送っていれば身に着く常識を失っていた。

ただ、投げ込まれた馬のおもちゃにだけは異様な執着心を表した。


学者達は、カスパーの膝が曲がらない事や、
パンと水以外を拒絶する事、普通の人間が持つ人間らしさが無い事から、
カスパーが長期間、もしくは産まれてからずっと、外部との交渉を絶たれ、
一人きりの状態で監獄の様な場所に監禁されていたのではないかと推測した。

カスパー特な感覚機

カスパーは発見当初こそ麻痺状態であったが、徐々に外界のものを知覚できる様になり、
そこで発揮された知覚の鋭さは異常だった。

暗闇での読書や色彩判別、物に触れただけでその物の材質を見抜く、
遠く離れた蜘蛛の巣に獲物がかかっている事などを言い当てたりと、
知覚の異常な発達が目立った。

カスパーのこの能力は、一般的な食事や生活に順応するにつれて消失していったという。

この様な能力を持ち、さらには過去や経歴が全くわからないカスパーに、
群衆は好奇の目を向け、興味から群衆の前に連れてこられたこともあったという。

その際、カスパーは感覚の過敏さゆえに、光と騒音によってかなり苦しんだ。

かび上がってきた「カスパーの体」

群衆の前に出ることにも慣れ、平静を保てる様になったカスパーを、
群衆は徐々に受け入れていった。

当時市長だった人物は、カスパーを自宅に招き、様々な話をした。

市長に対し、徐々に心を開いたカスパーは、
次第に言葉を話す様になり、自らの経歴を語り出した。

  • 自分が何者かを知らない。

  • 広場に捨てられた日まで、他の人間を目にした事がなかった。

  • 窓がない真っ暗な部屋にいた。

  • 排便は置かれていた容器にした。

  • 寝て目覚めると毎日、パンと水が用意されていた。
  • たまに水から嫌な匂いがし、その時は水を飲むと眠気に襲われて寝てしまう。
  • 嫌な水を飲んで寝てしまい、起きると、爪切りや衣服が新しくなっていた。

  • 自分を世話している人物を見たことがない。
  • 部屋には二頭の木馬が置かれていた。
  • 世話係の人物に一度だけ暴力を振るわれた。
  • その生活が続き、世話係がペンの使い方と歩き方を教え、例の手紙を握らせた。

  • 監禁されていたが、世話係の人物は悪い人ではない。
  • きっと監禁を命令した人物が悪党だ。

この様なことを市長に話したという。

噂と去から浮かび上がる

 

カスパーの名前と顔が民衆に知れ渡るにつれ、
「カスパーは、ある王族に顔が似ている」という噂がたち始めた。

その噂も、街のだいぶ多くの人々に広まった頃である。

1829年10月17日、


当時カスパーがお世話になっていた家に男が侵入、カスパーは男に刺された。

そこから二日間、カスパーは意識不明の重体。

カスパーは回復したが、暗殺未遂から4年後、1833年12月14日。

カスパーが知恵をつけ自身の経歴を話せる様になった事が理由なのか、
カスパーを口封じする様に、彼を再び何者かが襲撃。

傷を負ったカスパーはその3日後にその生涯に幕を「降ろされた」

これだけであれば、不思議な生い立ちの少年が謎の暗殺をされた話であるが、街の皆は

「カスパーは誰かに存在を隠されていた。王族に顔立ちが似ている。
王族や貴族の隠し子なのではないか?暗殺されたのは、
カスパーが自身の生い立ちを周囲に話し、
王族の隠し子であるカスパーの存在がバレてしまうからだ」と噂していた。

カスパーがしてなお隠される真

カスパーを殺害した犯人を逮捕するため、
この事件には情報提供者に報奨金をつけたが、犯人に繋がる情報は出てこなかった。

刑法学者のアンゼルム・フォン・フォイエルバッハは、
カスパーはバーデン大公家(最高権力者、国王)の世継であったが、
世継問題の事情によって、カスパーは生まれてすぐに、
身分の低い家の死産の子供と取り替えられ、
死んだ様に見せかけカスパーを隠していた。と考えていた。

これらの、カスパーに関する出来事の決着は、未だに未解決のままである。

なぜなら、噂のバーデン大公家が、
今に至るまでその一族の記録文書の公開、閲覧を拒んでいるからだ。

確かに、失礼な噂で「公開しろ」と言われても気分が良くない。
見せたくない気持ちも理解できる。
しかし、国王家ともある立派な一族にその様な噂や容疑がかけられ、
疑われている状況で、何もないのであれば公開しても問題がないはずだ。

バーデン大公家は、何故、一族の記録文書公開を拒否するのだろうか。

だが、カスパーの死から2年あまり後、王宮庭園で
刃渡り14センチ全長30センチの短剣が発見された。

この短剣とカスパーの傷跡はぴったり一致したとされる。

そして2000年代に入り、ドイツのミュンスター大学の法医学研究所が、
カスパーの遺品やその他の遺品の中から髪の毛やパンツ、指紋などを分析。

髪の毛やDNA検査こそ一致しなかったものの、
二度目の分析の結果、カスパーの指紋から検出したものが、
バーデン大公家の跡取りと、3点を除き大部分が一致する事がわかった。

今日に至るまでバーデン大公家は、城内教会の立ち入り調査を拒否しており、
そこには1812年に乳児として亡くなった(カスパーとして死亡届を出されたはずの存在)
世継の王子の遺骨が埋葬されている。

その遺骨が王家の血縁なのか、それとも取り替えられた身分が低い家の子なのか。

勿論、今でも、

カスパー・ハウザーの正体はわかっていない。